40代 お見合い

40代 お見合いの機会を作りたいなら

 

お見合いの機会を作りたいなら、婚活サービスを使えばお見合いすることができます。

 

お見合いするための婚活サービスとして、

 

・結婚相談所
・婚活・お見合いパーティー
・婚活サイト

 

の3つを使えば、お見合いできるチャンスがあります。

 

40代の人が充分活用できる結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトを下記でいくつかご紹介したいと思います。

 

お見合いの機会を作るための参考にしてみてください。

 

40代の人におすすめのお見合い

 

・結婚相談所
ノッツェ

 

40代の人におすすめの結婚相談所はノッツェです。

 

ノッツェは、お見合いのお相手の紹介者数の多さと、専任アドバイザーによる婚活サポートが好評の結婚相談所です。

 

ノッツェに入会している会員は、30代・40代が最も多いです。
また、50代位上の中高年の男女も多くの人がカップルになっています。

 

なので、40代でも理想のお相手を見つけて、お見合いする会員は多い特徴のある結婚相談所です。

 

料金も他の結婚相談所に比べ比較的低価格で活動できるのも良いところです。

 

 

 

対応地域:
札幌、旭川、青森、郡山、仙台東京、千葉、横浜、大宮、宇都宮、名古屋、
静岡、梅田、京都、神戸、長野、岡山、広島、松山、福岡、鹿児島

 

 

 

・婚活・お見合いパーティー
おとコン

 

おとコンは、上場企業である「パートナーエージェント」が企画・運営する婚活・お見合いパーティーです。

 

上場企業が企画、運営する婚活・お見合いパーティーであることから、
参加者は多く人気のサービスです。

 

おとコンでは40代限定の婚活・お見合いパーティーや
40代の人が参加しやすい企画も多数開催されています。

 

パーティー開催月の前月までにお申込みや友人との同時申し込み&参加、
お誕生日月のパーティー開催、などで割引価格で婚活・お見合いパーティーに参加できます。

 

対応地域:全国主要都市

 

 

 

・婚活サイト
ゼクシィ縁結び

 

ゼクシィ縁結びは、リクルートの結婚情報サービス・ゼクシィが運営する婚活サイトです。

 

40代の男女も多く登録していて、他の婚活サイトに比べれば比較的年齢も高めです。
男女とも30〜40代が多いです。
また、ゼクシィ縁結びの特徴としては、真面目に婚活をしている人が多いので、
そろそろ本気で結婚したいという人にはいいと思います。

 

お見合いに関しては、ゼクシィ縁結びには「デート日程・場所の調整代行サービス」があります。

 

これは、ネット上でやりとりで、気になった人がいれば
ゼクシィ縁結びのお見合いコンシェルジュが二人の間にたって、日程調整などをしてくれるというサービスです。
デートの日程や場所の調整をしてくれるのです。

 

その為ネット上で個人の連絡先を伝えなくても大丈夫ですし、
お見合いコンシェルジュが安全な場所と時間で、お見合いの設定をしてくれます。
日中軽くお茶だけ楽しむこともできますね。

 

 

対応地域:全国

 

 

 

40代の人がお見合いするためのおすすめの方法
就職してがむしゃらに働いてきて気がついたら、結婚していないのは自分だけ・・と嘆いている40代の方は沢山いると思います。

 

40代になり仕事は順調に進んでいるものの、プライベートの時間を振り返らずに人生を送ってきた方がまず相手を探すとなると、
浮かんでくるのは、お見合いのできる結婚相談所だと思います。

 

結婚相談所はエントリー制で自分のプロフィールや写真を登録します。
収入、趣味や性格など事細かく、自分で分析しながらエントリーシートに記入しないといけないため、
冷静に自分を俯瞰しないといけない部分があります。

 

スタッフが相談に乗ってくれてマッチングしてくれるメリットはありますが、
一方で紹介してくれる相手が見つかると、自分から能動的に動かないとパートナーを得ることができません。
結婚相談所では、マッチングの際にじっくり焦らずスタッフと相談してパートナー候補を選ぶことが需要です。

 

 

次に婚活サイトでの婚活ですが、これも相談所と同様にエントリーシート同様のプロフィールの記入登録が必要です。
婚活サイトは結婚相談所とは違い相談に乗ってくれるスタッフがいません。
よって結婚相談所以上に能動的にアグレッシブに動かないと、お見合いできるチャンスもなく、パートナーを得ることもできません。

 

婚活サイトではサイトのシステムで好みの相手の選択は出来ます。
マッチングもしてくれますが、コンタクトの手段がメールやメッセージ主体ですので、
デジタルコミュニケーションの技術が必要になってきます。
40代で機会に疎い人にはキツイかも。。

 

キャッチーなメールやメッセージは一見受けがよさそうですが、
自身の年齢や外見やイメージにあったものでないと、相手からの返信は期待できないでしょう。
メールやメッセージは一方通行なので何度か試行錯誤しながらメッセージのやり取りをしてから、デートの約束を得るようにしないといけません。

 

婚活サイトは、パートナー候補と会うには結婚相談所より時間がかかるものと考えましょう。
しかし婚活サイトは相手と出会えるまで時間がかかるデメリットはありますが、
サイトシステムなので人が介在するわけではないので、
40代で年齢差があっても、メールやメッセージのフィーリングが合えばマッチングが高まる可能性は高いメリットがあります。

 

中にはテレビ電話のシステムを使っての婚活サイトがあります。
メールやメッセージ、音声チャット、テレビ電話とインターネットを使ったシステムで、
遠方のお相手を見つけられるメリットも婚活サイトの魅力のひとつです。
デジタルな婚活から実際に合うお見合いまで繋がるチャンスも。

 

 

次に婚活パーティーですが、これは集団お見合いであり、
同性のライバルや周囲がいる分刺激が高まり、早い段階で一組カップルが成立したり、
人気が集中するお相手がいたりすると婚活パーティー自体が盛り上がるため、カップル成立の可能性が高まります。

 

ただ集団心理が働くので、その場の雰囲気が高まったとしても、
早い時期に次回のデートに持ち込まなければ婚活パーティーでの熱が冷めてしまって、
その後長続きしない可能性がありますので注意が必要です。
また、40代で同い年の人が参加する婚活パーティーも定期的にあるので、同じ年代の方が多く参加するパーティーなら参加し易いと思います。

 

 

 

最後に日本の古来の風習のお見合いですが、
紹介する双方がある程度の個人情報のやり取りや性格や家風や習わしを知っている関係なので、
初回のマッチングが合いさえすれば、ほぼパートナーを得ることができるほぼ完全に近いシステムです。

 

古くからのシステムなのですが、戦前や戦後間もないころまでは政略結婚などにもつかわれ、
暗いイメージがありますが、紹介者が自信をもって紹介してくれるので相手と全く会えないということはありません。
お互いに気が合えば結婚というゴールまでは一番近いシステムと言えるでしょう。
そして、40代という年齢を一番気にせずできるのも、このお見合い方式かなと思います。

 

以上説明してきたように40代の婚活は厳しいところはありますが、それぞれのメリット・デメリットを理解して活用する事をお勧めします。

 

 

 

40代が恋人を作るのが難しい

容姿も悪くない、性格もいいはずなのに何故か恋愛がうまくいかない、恋人ができない40代が多いと感じませんか。私は40代半ばの既婚ですが、ここに至るまで、40代が恋人を作り、恋愛をするのが如何に難しいかということを身にしみて実感してきました。ではなぜ私を含め、多くの40代が恋人を作るのが難しいと感じるのでしょう。いくつかの理由を考えてみました。

 

まず第一に言えるのは、40代出会いの数が30代に比べて格段に減るということです。晩婚化が進んでいると言われている現代とはいえ、やはり30代で結婚していく人が多いのは事実です。すると必然的に、恋愛したい、結婚したいと思うような同年代の異性の数は減ってしまいます。仮にいいなと思う人が結婚していなかったとしても、既に相手がいる場合が多いのです。次に考えられることは、一人の時間が案外気楽で楽しいということに気づいてしまっているということです。30代でのややこしい恋愛経験があったり、周囲の既婚者の話を聞いたりしてある程度恋愛の煩わしさというものを知ってしまうと、一人が如何に楽かということに気づいてしまうのです。そうなると、今更恋愛をして誰かと一緒に過ごすという面倒な方向に行くのが億劫になってしまいます。また、運良く出会って付き合い始めたとしても、片方が結婚したいオーラを出し過ぎて最初から重くなってしまったり、少なくともお互い結婚を意識した恋愛から始まる為、相手を見る目が厳しくなり、単純に相手のことが好きだという気持ちを楽しめなくなってしまいます。このように、30代では自然にしていた恋愛が少しずつ難しくなってしまうのです。恋人が作りたいと本気で考えるなら、出会いの場には積極的に顔を出し、肩の力を抜いて、結婚を意識し過ぎず先ずは恋愛を楽しむつもりで臨んでみるといいかもしれませんね。

 

婚活しなきゃ結婚できない時代

婚活バーに婚活パーティー、婚活ツアー...最近は結婚も「活動」しなければできない時代なのですね。結婚したくてもできないと思う人が多い一方で、結婚願望が低い若者が増えているとの情報、結婚という概念自体が変革しつつあるのかもしれませんね。

 

かくいう私も結婚がしたくて、お見合いパーティー(今で言う婚活パーティー)に何度か参加し、毎回、違和感を感じて帰っていました。
私が行ったパーティーは、男女各20名ほどが自己紹介やらフリートークを2〜3分ほどして、男性が一つずつ席を移動するタイプのものでした。もちろん、みんな結婚というふた文字を念頭にパーティーに参加しているので、カップル成立の率も高いのですが、たった2〜3分で「ビビビ!」っと来るなんて、やはり漫画の世界だけみたいです。
婚活パーティーでのカップルというのは実に巧妙で、気になった方の番号を3名書いて下さい。と言われ、まぁこの中で選べば、と不思議と3人埋めてしまうんですね。その番号が重なれば、見事カップル!と。表向きは「相思相愛」のようにも思えますが、後になり冷静に考えてみれば、「20人の中で」選んだので、特に好意を持つということではなかったのですね。中には後日連絡を取り合うこともありましたが、結局、一度も二人でデートした方はいませんでした。

 

婚活パーティーと並行して、友人の紹介という名のコンパを仕事帰りに多い時では週3こなしていた時もありました。
コンパの良いところは、気軽に話しもでき、後日連絡が取りやすいとは思います。
しかし、その場を楽しむために来ている方もいますし、友達の友達や、その知り合いは、所詮他人です。信用するに値しない方も残念ながら混じっているのが現状です。
私の場合、コンパでもなかなかいい人に巡り会えず、そこでも婚活は失敗に終わりました。

 

結局、友達が開いたコンパのメンバー(私はそのメンバーではありませんでした。)で再度紅葉狩りに行くというイベントに、欠員が出て、急遽呼ばれたこの京都嵐山日帰り旅行で知り合った男性と結婚に至りました。特に話す時間が長かったわけでも、一緒にボートに乗ったわけでもないのに、お互い何となく気になる存在だったのです。

 

結婚がタイミングと勢いだ、なんて言うと、古くさい、時代遅れと言われそうですが、結局のところ、最終的には「タイミング」があって「勢い」に任せないと結婚なんてできないのかなぁ〜と実感しています。

 

 

出会いのチャンスは多ければ多いほうがいい
婚活のスタイルは色々ありますが、どれが一番良いのか判断するためにも実際に試してみることが一番です。こっそり婚活をしたい、地域にこだわらずに出会いたいなら婚活サイトはおすすめのスタイルです。最初はメール交換などから相手をじっくりと知っていくこともできます。

 

もう少しスピーディに進めていきたいのなら婚活パーティは一度にたくさんの人と出会うことができます。比較的近距離での出会いがありますので、結婚後も仕事を続けていきたい人にも向いています。婚活パーティではほとんど話しができないうちに結論を出さなくてはいけませんが、一度に色々な人と会うことができて交際のチャンスも多いものです。1つの方法に絞って婚活をするよりは、色々な方法にチャレンジしてみることです。手段が多ければ多いほど出会いのチャンスも多いということです。

 

自分だけでは無理だと感じるのなら結婚相談所でアドバイスを受けることも大切です。登録する時にはただ出会いを提供してくれるだけではなくカウンセラーなどのサポート体制がしっかりしている相談所がおすすめです。自分の性格などから診断してくれたり、自己分析をして、自分に合った人というのはどういう人なのか、どういう出会いが向いているのかなどのアドバイスを受けられますのでより結婚に近い出会いを探すことができます。公務員と結婚したい女性におすすめの結婚相談所はココ!